スポンサーサイト

0
    • 2018.03.11 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    私が考える本のいいところ(2)

    0
      JUGEMテーマ:本の紹介
       

      前回記事の後半部分です。

      (1)自己啓発の本などに共通して書いてある

      (2)新たな視点を持つことができる

      (3)時間の節約になる



      (3)時間の節約になる

      時間の節約と聞いて、「そんなわけはない。本を読むのは時間がかかるじゃないか。」と思われたかもしれません。私も速読ができるわけじゃないので、本を読むのには時間がかかるという意見は否定しません。

      ただし、少し視点を変えてみます。
      読むのは数時間かかりましたが、その情報量を自分で得るとすれば何時間かかるでしょうか。おそらくものすごく膨大な時間がかかると想像できます。

      どんな本でも、著者は莫大な時間をかけて書き上げていると思います。文章自体には時間がかからなかったとしても、その情報を得るにはやはり時間がかかったはずです。
      例えば絵画に関する本を書くとすると、著者自身は絵画に関する研究をかなり行ったうえで執筆しているはず。海外の美術館に幾度となく通っているはず。

      そう考えてみると、著者が膨大な時間をかけて得た情報をわずか数時間で得ることができるのです。

      これは時間の節約になるといえますよね!

       

      以上主な「本のいいところ」を3つ挙げて説明いたしましたが、その他にもいいところはあります。まだ本を好きになって数年しか経っていない私でさえいい所が列挙できるのですから、おそらくいい所はまだまだあるはずです。

      もちろんインターネットとの比較など、まだまだ考えるべきことはありますが今回はひとまずこのあたりにします。

      これをきっかけに、まずは1冊でいいですから本を読んでもらえたら嬉しいです。

      1冊読むだけでも新たな知識を得ることはできますよ。

       

      ※なお、ここでいう本には、小説が含まれていません。私自身が小説をめったに読まないので適当なことを書くわけにはいかないというのが大きな理由です。小説にもいいところはたくさんあるはずなので、いずれ考察できればとは思っております。


      私が考える本のいいところ(1)

      0
        JUGEMテーマ:本の紹介
         


        今回は趣を変えて、「私が思う本のいいところ」について書きたいと思います。

         

        本ブログのアクセス解析を見ておりますと、「本のいいところ」という検索ワードでここに来てくださっている方が多いことがわかりました。

        まだこのブログを開設したばかりなので、私のブログを目当てに検索されているわけではないことはわかります。

        確かにそれぞれの本の「いいところ」を紹介しようと思って記事を投稿しております。どんな本にもいいところはあるはずだ、というのが私のスタンスなので、たとえ内容が腑に落ちなかったとしても、その中で一つでもいいところを紹介するよう心がけています。

         

        とはいえ今まで一般的な話をまだしていなかったですね。

        そこで、私が考える「本のいいところ」を少し書いてみようと思います。

         

        実際、本のいいところをあげればきりがないのですが、ここでは主に3つの点に絞って書きます。

         

        (1)自己啓発の本などに共通して書いてある

        (2)新たな視点を持つことができる

        (3)時間の節約になる

         

         

        (1)自己啓発の本などに共通して書いてある

        私が今まで読んできたいわゆる「自己啓発本」や「最近の偉人の伝記」には、大体の確率で「本を読むべき」と書いてあります。

        もちろんそれ自体が書籍ですから、本のことを肯定するのは当たり前といえばそうなのですが。
        しかしそれを抜きにしても、有名になられている方は読書家の方が多いです。以前に紹介した「社長の勉強術」に登場されている社長の方々もみなさん読書家のようです。
        (社長の勉強術については http://hon-iitokoro1.jugem.jp/?eid=11

        多くのところに共通して言われていることはより事実であると考えているので…あながち間違いではないと思います。

        (2)新たな視点を持つことができる

        私自身が医療系の学部に在籍しているからかはわかりませんが、大学で勉強していると一つの分野の知識しか得られないという印象を受けました。

        同じ分野の方としか話さないというのならばいいですが、やはり様々な方と話題を合わせられると人脈の幅も広がりますし、思わぬところで役に立ったりすると思いませんか。

        さらに一般教養や、自分の専門と異なる知識を得ることによって、新たな視点を持つことができると思うのです。自分の専門分野に関する問題に対しても、新たな分野からの視点を持つことによって、解決策が見つかるかもしれません。

        ちなみに私としては、どんな方とも“楽しく”会話をできる医療人になる、という密かな目標があるのでその実現のためにも本は欠かせません。


        (3)については明日の後篇に載せる予定です。


        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << March 2020 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM