スポンサーサイト

0
    • 2018.03.11 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ももクロChanにおける飯塚さんのツッコミ研究#287

    0

       

      東京03の飯塚悟志とももいろクローバーZ。
      こども祭りでの共演をきっかけに、2013年からはももクロChanにかなりの頻度で出てくれるようになり、今となってはもはやももクロChanを円滑に回すには欠かせない人物となっている。

      非常にお世話になっている飯塚さんだが、その醍醐味はツッコミ。そのツッコミをももクロメンバーは身近で経験し、自分たちのツッコミ力も確実に上がっているのではないか。

       

      そこでこのブログでは、ももクロChanにおける飯塚さんのツッコミに焦点を当て、その面白さを改めて知っていきたい。
      ここでは、ももクロChanの動画の通し番号で表記させて頂く。過去のツッコミと比較する際に、その通し番号で振り返りたい。
      今回は、#287「百田夏菜子のナニのる!?」「打倒百田夏菜子!アクトシアター」の回の飯塚さんのツッコミを振り返ろう。

       


      ◯#287の主な飯塚ツッコミ一覧

       

      287-1
      新企画のオープニングを「チャラッチャーン」という謎の擬音で始めた夏菜子に対して
      →「「チャラッチャーン」の説明だけお願いしてもいいですか?」

       

      287-2
      極楽門の会場が改修されていることを「改造」と言ってしまった夏菜子に対して
      →「仮面ライダーみたいに言わないでくださいね。」

       

      287-3
      「なんでわざわざ対決しないといけないの?」と言った夏菜子に対して
      →「ワガママ言うな!」
      →夏菜子「どっちがワガママだよ!」とすぐに言い返す

       

      287-4
      ゲームの企画に対して、あやたかが負けても絶叫マシンに乗るのを一回だけパスできるというルールに対して食ってかかる夏菜子に対して
      →「つべこべつべこべ…天狗か!ちょっと朝ドラ出たら天狗か?」

       

      287-5※
      絶叫マシンに乗りたくないというあやたかの2人をかばうように「お二人の純粋な気持ちを踏みにじらないで!」という飯塚さんに対して夏菜子が、
      →「私だって純粋で言ってるよ!」

       

      287-6
      芝居中に、新郎と新婦の会話なのに名字の「有安」と呼ばれていることに耐えられなくなり、芝居を止めた杏果に対して
      →「有安どうした?」

       

      287-7
      お芝居ではレンズの向こうに伝える気持ちが重要だよ、と役者らしいことを言う豊本明長さんに対して
      →「お前誰だよ!」

       

      287-8
      玉井さんがすんなり「いじらしいバカ」の場面設定を提案するのに対して
      →「めちゃめちゃ設定出てくるじゃん!これに関してだけは。」

       


      ◯今回のツッコミの感想
      さて今回は8つの場面を抜き出してみた。
      今回は287-6のように、お手本のような流れの中からのボケも披露した飯塚さん。
      そして久しぶりに夏菜子ちゃんが出ているということで、285〜286の回とは異なったツッコミが入っている。夏菜子の言い間違いや面白い言葉に対して、逃さず確実なツッコミが入っているのはさすがである。

      そして触れないわけにはいかないのが、夏菜子ちゃんが飯塚さんにツッコミを入れている287-3、287-5だ。飯塚さんのツッコミに間髪入れずにツッコミ返す夏菜子ちゃんにも、お笑いのポテンシャルを感じざるを得ない。

       

      今回のベストツッコミは287-2としたい。飯塚さんらしいツッコミではないが、自然に出た夏菜子ちゃんの言い間違いに対してつぶやくように言ったこのツッコミは、ももクロChanならではだと思う。

       

      最後に、ちょっとだけ補足したい。
      まず、杏果との芝居中に飯塚さんが「健やかなる時も」をカタコトで言うはずなのだが、一回だけそのことを忘れて普通のイントネーションになってしまっている。
      また、この回は玉井さんの「いじらしいバカ」を全て見られる貴重な回であることにも触れておきたい。


      ももクロChanにおける飯塚さんのツッコミ研究 #286

      0

         

         

        東京03の飯塚悟志とももいろクローバーZ。
        こども祭りでの共演をきっかけに、2013年からはももクロChanにかなりの頻度で出てくれるようになり、今となってはもはやももクロChanを円滑に回すには欠かせない人物となっている。

        非常にお世話になっている飯塚さんだが、その醍醐味はツッコミ。そのツッコミをももクロメンバーは身近で経験し、自分たちのツッコミ力も確実に上がっているのではないか。

         

        そこでこのブログでは、ももクロChanにおける飯塚さんのツッコミに焦点を当て、その面白さを改めて知っていきたい。
        ここでは、ももクロChanの動画の通し番号で表記させて頂く。過去のツッコミと比較する際に、その通し番号で振り返りたい。
        今回は、#286の「打倒百田夏菜子!アクトシアター」の回の飯塚さんのツッコミを振り返ろう。


        ◯#286の主な飯塚ツッコミ一覧

        286-1
        「気丈な女スパイが命乞いする」というテーマを出された玉井さんが、どうすればいいのかわからず地面に座り込んでいる様子に対して
        →「今命乞いしてます?もう(お芝居が)始まってるの?」

         

        286-2
        「悪魔に体を乗っ取られる」という題の芝居をする際の状況設定を、「電車の中」にした有安さんに対して
        →「大パニックですよ、電車の中。」

         

        286-3
        佐々木さんが芝居をするにあたり、椅子の配置などを少しだけ変えているのに対して
        →「地味な模様替えですね。」

         

        286-4
        「いじらしいバカ」を回数を重ねる度にうまく演じている玉井さんに対して
        →「そればっか上達してんじゃん!それのスペシャリストになればいいよ!」

         

        286-5
        東京03が揃い踏みしてメンバーを紹介した時に、「ドラマにも出しゃせていただいて」と豊本明長さんが噛んでしまったのをすかさずツッコむ玉井さんに対して
        →「そういういじり方やめてくださいよ!うちの相方を。」

         

        ◯今回のツッコミの感想
        今回も5つツッコミを厳選した。飯塚さんのツッコミという視点で見てみると、4人の演技1つ1つに対して確実にツッコミが入っている。286-2などは一見地味なツッコミだけど、言葉からその状況を瞬時に想像してその滑稽さを指摘している。
        286-5のように、東京03のコンビ愛がよくわかるツッコミもある中、私のお気に入りは286-1だ。玉井さんがなかなか演技に踏み出せないでいるのを見て、テーマである命乞いと結びつけて表現したこのツッコミはすごい。

         

        ある程度厳選することができたら、これらをまとめてさらに分析してみたい。


        ももクロChanにおける飯塚さんのツッコミ研究 #285

        0

           

           

          東京03の飯塚悟志とももいろクローバーZ。
          こども祭りでの共演をきっかけに、2013年からはももクロChanにかなりの頻度で出てくれるようになり、今となってはもはやももクロChanを円滑に回すには欠かせない人物となっている。

           

          非常にお世話になっている飯塚さんだが、その醍醐味はツッコミ。
          上田や後藤などのツッコミの名手に全く劣らないと私は思っている。
          そのツッコミをももクロメンバーは身近で経験し、自分たちのツッコミ力も確実に上がっているのではないか。

           

          そこでこのブログでは、ももクロChanにおける飯塚さんのツッコミに焦点を当て、その面白さを改めて知っていきたい。
          ここでは、ももクロChanの動画の通し番号で表記させて頂く。過去のツッコミと比較する際に、その通し番号で振り返りたい。
          まずは、#285の打倒百田夏菜子!アクトシアターの回の飯塚さんのツッコミを振り返ろう。

           


          ◯#285の主な飯塚ツッコミ一覧

           

          285-1
          あーりんが映画幕が上がるの映画の撮影の時に、厳しすぎたという嘘の話を本広監督から振られて、そうだったかなぁと言うあーりんに対して
          →「いいよ、照れないで!泣いてたんでしょ!」

           

          285-2
          恥ずかしがる玉井さんに対して
          →「灰皿投げてください!…いくらでも!」

           

          285-3
          いじらしいバカを言う前に恥ずかしくなってなかなか始められない玉井さんに対して
          →「NHKでそうしてたのか?そりゃあ(朝ドラに)落ちるわなー!そりゃあ落ちるよ!照れて照れて、そりゃあ落ちるよ!」

           

          285-4
          玉井さんが恥ずかしくなって、れにちゃんの上に体操座りしているのに対して
          →「何ポーズ?何の時に使うポーズ?」

           

          285-5
          カメラにではなく、本広監督に向かってバカ!と言おうとしたれにちゃんに対して
          →「いや、監督を罵倒するコーナーじゃないから!」

           


          ◯今回のツッコミの感想

          昔から飯塚さんは、きつい言い方でももクロちゃんにツッコんでいる。
          それはあーりんやすの初めて対決の頃からそうだ。
          でも決してただきつく言うわけではなく、つねに愛のあるツッコミだなあと最近は思うことが多い。
          その典型例が285-3。一見すごく厳しいのだが、実際に番組を見ると実に和やかである。

           

          そして、今回の中で私の一番のお気に入りは285-5。こちらを向いて「バカ!」と言いそうになっている様子に対して、とっさに監督を罵倒と言い換えたのは純粋にすごいなと思う。


          こんな感じで、飯塚さんのツッコミをなるべく多く拾っていきながら、ツッコミの勉強ができれば。


          calendar
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << March 2020 >>
          PR
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recent trackback
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM